無料ブログはココログ

Twitter

解析ツール

  • なかのひと

2012/08/15

3年ぶりにラノベを買った 「オーバーロード 1 不死者の王」

Webで読んでいた小説が書籍化されるというのは今ではもう当たり前のような感じになっていますが、久々に買っても良いかなと思う本が出てきたので買ってしまいました。3年前にソードアートオンラインを買って以来の事だったりします。その本とは「オーバーロード1 不死者の王」。まあ、良くあるVRMMORPG転移ものですが、主人公が正義のヒーローや魔法使いとかではなく、悪役の親玉的なエルダーリッチの最上位者であるオーバーロード(死の支配者)で、中身が小物臭いただのサラリーマンのおっさんです。部下には主人公を造物主と仰ぎ人間を舐めきっていて虫けら同然と思っている悪魔や吸血鬼などの異形種しかいませんので、色々と苦労しながらも自分のギルドの名前を転移した世界に知らしめようと奮闘する話です。

ちょっと価格は高めですが、サイズ、装丁、カラー挿絵を考えると納得の値段です。内容はWeb版と比べると削られたところや足されたところがあったり、主要登場人物が増えたりと少々変わっていますが、概ね話の流れはあまり変わっていません。主人公の小物具合や、ガゼフさんの熱いところの描写が深くなったところが自分的には好きですが、エンリの姐さんの出番が一つなくなってしまっているのが残念です。さらにそのため帝国側へのアクションが無くなってしまっているので今後の流れをどうするのか楽しみです。また、「頑張れ、エンリさん」シリーズを本編よりも楽しみにしていたので、わざわざ角笛を2つも渡しているところもこの後の展開に期待を持たせてくれてます。

   そういえば、最近のラノベの絵って、おじさんが店頭で手に取ることが出来ないぐらいに萌要素満載なのが普通になってきていますが、この本はso-binさんの絵が格好良いしその辺は大丈夫です。でも、自分の周辺に置いている書店が無かったので結局Amazonで買う事になりましたとさ。

お薦め??

最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アフィリエイト

  • Amazon
  • リンクシェア
    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム