無料ブログはココログ

Twitter

解析ツール

  • なかのひと

2008/10/28

今日のお酒

20081027  今日はいつもと違って、賀茂金秀と栗駒山の二種類しかありませんでした。どちらも飲み易く今の季節にあったお酒でした。どちらかといえば、賀茂金秀のほうがより秋らしく美味しいお酒だったような気がします。

2008/10/04

飲み比べ その10/03

飲み比べ その10/03
どれもこれも良い!
が、この中では浦霞のすっきり感が一番美味しいかな?

2006/05/17

奥の松あだたら吟醸

今日飲んだお酒(かみさんのblogをリンク(^^ゞ)

 賀茂泉参拾五と悩んで買ったお酒です。なんでかな~
 まあ、とりあえず、美味かったから良しとするか。でも、開封後しばらく置いたらどうなるかちょっと疑問符のつくお酒ではありました。

 酒のつまみはチヌの塩焼きでした。自分で焼いたんですが美味かったです。写真とるのを忘れていて、気付いた時には骨だけになってました~(笑)

2006/03/04

賀茂泉 純米吟醸生酒 六拾

N_KamoizumiRokujuu_JG  久々のお酒のエントリーです。まあ、相変わらず色々と飲んではいたのですが(日本酒・ワイン等)生来のヨダキンボの特性からサボっていました(笑)
 ということで、エントリー的にも久しぶり、「美味い」と思ったのも久しぶりの「賀茂泉」です。20年以上も前、焼酎一辺倒だった自分を日本酒の世界に導いた記念すべき銘柄です。でも、その後ハズレな賀茂泉しか飲めず、尚且つ好みが端麗辛口にシフトしていったのでこの5年ぐらい遠ざかっていました。ところが今日、久保田でも買って鍋でもしようかと酒屋に行ったところ、「在庫限り」のラベルと共にこの「六拾」が鎮座していて、悩んだ末に(限定とか、最後の、とかに弱いような気がする)「久保田 紅寿」と共に買って帰ってしまいました<ヲイ
 味わいは、日本酒度+1.5 酸度1.8 ということもあり、自分的には微妙に甘口ですが、しつこくなくさっぱりとした感じで、なおかつ口に含んだ時の香りも切れも良し。さすがに一人で四合は空けられませんでしたが(その前に二人前の鍋を一人で平らげてるような気もしますが……)久々のヒットでした。
 ハズレを買うことが多かったのでしばらく賀茂泉を敬遠していたのですが、これを機会にまた賀茂泉を買っていこうかと思っています。

2005/12/09

小笹屋竹鶴 番外編 山田錦 純米原酒

Taketsuru01 久しぶりの投稿がこの『小笹屋竹鶴 生一本 番外編 山田錦 純米原酒』です。このお酒は5年古酒で、色味香り共に濃く日本酒の古酒らしいお酒ですが、すっきりとした味わいのお酒です。下手な古酒になると単に味が濃いだけで美味しくないものが多いのですが(かなり自分視点)、このお酒はかなり出来が良く、いくらでも飲めそうです(笑) さすがこのお酒を出してくれたマスターが一目惚れをして入れただけはあります。
 自分は所謂淡麗辛口なお酒が好きで、どちらかというと色のついているお酒は苦手なんですが、この竹鶴は別格ですね。今回は冷やで頂きましたが、熱燗でも味わって見たかったです(人によっては熱燗以上のぐらぐら燗で飲まれる方もいらっしゃるみたいです)。

#裏ラベルはマイフォトの「お酒・ガベコレ」にUpしてあります。

2005/10/11

雪の松島 醸魂 純米酒+20

d55dvc00002_i.jpg
 20年ぶりの「雪の松島」です。それまで、広島のお酒が中心だった自分に「こんな日本酒があるのか〜」と衝撃を与えたお酒で、とにかく辛口。嫌なアルコールぽっさもなく、すっきりとした味わいのお酒です。

2005/05/20

天寶一 清吟

天寶一 清吟
 久々のお酒のエントリーです。今までお酒を飲まなかったのではなく、ただ単によだきいのでサボっていただけです。ごめんなさい、ってだれにあやまっているのかな?
 ということで、『天寶一 清吟』です。これは、今、この時期に飲むお酒です。ちょっと甘め、ちょっと苦味を感じるところがありますが、切れがいい!!!まさに初夏のお酒です。縁樹のおねいさん、このお酒を飲ませてくれてありがとうございます。

2005/01/06

栗駒山 大吟醸

 今回の日本酒は、昨年末にご近所居酒屋に行ったときに女将さんから「このお酒は年が明けたらね」と言われていた物です。
 ちょっと甘めですが、しつこくなく、すっきりとしていて飲み易いお酒です。惜しむらくはもう少し癖があっても良いかなというとこですかね。

栗駒山 大吟醸

2004/12/21

村尾 かめ壺仕込み

 とある忘年会で飲ませていただいたお酒です。40人以上で分け合って飲まなければいけなかったので30ccしか飲むことができませんでした(泣)

原材料 さつまいも、米こうじ
 鹿児島県川内市にある村尾酒造(村尾酒造合資会社)が造る逸品です。霧島連山伏流水を酒造水とし、厳選された薩摩芋をかめで仕込まれます。

というお酒なのですが……自分が今までに飲んだ焼酎の中で最高の焼酎、いやお酒だと思います(まあ、この辺は焼酎飲みの戯言として)。まったく雑味が無くさっぱりとした飲み心地です。もう、”割る”なんてとんでもないと言った感じのお酒でした。あー幸福。また心ゆくまで飲みたいのですが……無理だろうなー

村尾 かめ壺仕込み

2004/12/14

綿屋 純米大吟醸原酒 美山錦 中取り

N_Wataya_MN_JDG_1 ご近所居酒屋の女将さんお薦めのお酒です。ちょい辛めですが切れがよく飲みやすいお酒です。

画像アップ(標準設定)のサンプルも兼ねて……

お薦め??

最近のトラックバック

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アフィリエイト

  • Amazon
  • リンクシェア
    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム